男性や女性が求めているアダルト・風俗情報を知るなら当サイトで決まり!

ラブムーブ情報局

即イキ確定!極上の手マンテクニック

女性が本気で感じる手マン

手マンされている女性 セックスをする中で、男性が女性に必ず行わなければいけない行為、
「手マン」中でも手マンで女性をイカせようとする男性は多いのではないでしょうか。
ですが、この手マンという行為は多くの男性が軽く見ている傾向にあり、
「とりあえず刺激すればいいか」という感覚で行っている男性が多いです。
しかし、この手マンが下手か上手かで今後の関係が左右するといっても過言ではありませんので、
今回は手マンで女性を満足させる方法を説明するので参考にしてください。

適格な場所を知る
手マンを行う中で「女性を大切に扱う」という事を前提に考えてください。
むやみに膣内を刺激したからといって女性が感じる事はありません。
なので、女性が感じるであろう性感帯をピンポイントで刺激してあげる事が大切です。
そこで多くの女性が「気持ち良い」と答える場所を説明します。
「Gスポット」「膣の入り口」の二つで、基本的にこの二か所を責めてあげると女性は感じるでしょう。
また、膣というのは神経がほとんどないので鈍感です。
したがって、手マンで出し入れするだけでは感じる事はありませんし、
ペニスでピストンするだけでもあまり感じる事はないでしょう。
このように膣には感じるポイントと鈍感なポイントがありますので、
しっかりやり方やテクニックを身に付けましょう。

指一本でも大丈夫
前途でも説明したように、膣内で感じるのは二か所です。
この二か所を指で刺激する事が重要になるわけですが、
挿入する指は何本あれば大丈夫なのでしょうか。
最初から2本や3本で、興味本位で何本入るかなんてことは感じる事もなく無意味です。
結論から言うと挿入する指は1本で十分です。
手マンは指を挿入するものですが、
太さなどは関係なく、
「的確に性感帯を刺激してくれるか」がポイントになります。
ちなみに、AV男優が中指を挿入して手マンを行っている場面を良く目にしますが、
その理由は人間の指で一番長いからで、
膣の奥にあるポルチオ刺激する際に便利だからです。

【まとめ】
女性が感じる手マンの最大のテクニックは
「女性を大切に扱う」ということでしたよね。
なのでアダルト動画で目にする強引な手マンなどは女性の膣を傷付けるだけですので絶対にやめましょう。