男性や女性が求めているアダルト・風俗情報を知るなら当サイトで決まり!

ラブムーブ情報局

風俗で働く事のリスク

風俗店で働く中で気をつける事

顔を隠している女性 「風俗=性病」と思っている方が多いかもしれませんが、
実はそんな事もありません。
「風俗=性病になる」ではなく「性交渉=性病」になる確率の方が高いです。
また、その中で一般人同士の性交渉では風俗と違って性病に対してあまり敏感ではありませんよね。
特に予防対策などせずに、避妊をする程度でしょう。
逆に風俗嬢は性病に関してはかなり敏感ですので、
お客さんとプレイを行う前にはしっかりと予防対策がされていて、
「シャワー・イソジン・グリンス」など定期的な性病検査も欠かせません。

基本的には粘膜による感染
基本的に性病が感染する経路して知られているのが、
粘膜による感染です。
また、実際に感染して性病が発生するかは女性自身の免疫力で大きく変化します。
特に健康な状態であれば感染リスクは高くないですが、
風邪や体調がすぐれない時は感染するリスクが高くなります。

働く風俗店で違う性病のリスク
日本の全ての風俗の40%を占めているのがデリヘルです。
特に会社として運営をしているお店なら安心ですが、
個人営業で行っているデリヘル店ではしっかり性病検査が実施されているかを確認する事が大事です。
その中で各風俗店で起こり得る性病のリスクを紹介します。

【ピンサロで働く性病リスク】
ピンサロは一人当たりの接客時間が短いため、
一日に接客する人数が多いのが特徴です。
また接客回転を多くなる分、性病感染のリスクは高くなりますが、
ピンサロは手コキをフェラが中心になります。

【セクキャバで働く性病リスク】
セクキャバで直接胸を触られて性病に感染する事はあり得ませんから、
性病リスクはほとんどありません。
ただ、気を付ける事はセクキャバではキスが許可されていますのでキスされる前にお客さんの口を確認する事が大事です。

【エステ系で働く性病リスク】
エステ系の風俗店では性病感染の可能性はゼロです。
基本的には手コキでのフィニッシュとなりますので、
万が一お客さんが性病であっても手をしっかり洗えば性病に感染する事はないので安心してください。
また、ヘルスと違って仕事の単価が若干安くなりますが、
絶対に性病に感染したくない方にはお勧めの仕事です。